先生

DHAとEPAの必要性

先生

血液がドロドロだと、高血圧、動脈硬化を引き起こし、終いには、脳梗塞、心筋梗塞を発症してしまう恐れがあります。ですから、すぐに改善すべきです。血液サラサラ効果があるのがDHAとEPAです。DHAとEPAは青魚に多く含まれていますが、食生活が欧米化した今、サプリメントでの摂取が有効です。

詳細を確認する...

血液循環を良くする方法

元気な女性

血液循環が悪くなってしまう原因として、偏った食事やストレスがあります。今は健康食品がありますので、比較的血液サラサラにすること自体は難しくありません。飲む形のものが増えているので、誰でも利用しやすくなっています。

詳細を確認する...

血液循環を向上させる

先生

お酒を飲まないという方はほとんどいないと思いますが、糖分が含まれているものが多いため糖尿病などにかかりがちです。血液サラサラを心がけていれば、自ずと摂取する成分に気を配ることができるようになるので食べ物や飲み物から改善していきましょう。

詳細を確認する...

血液によい食品

サラサラに戻すのは難しい

先生

血液サラサラだと健康なイメージです。血液がドロドロになるとどうなるのか。様々な病気を引き起こします。ドロドロになる原因は生活習慣やストレス・食生活です。血液中の中性脂肪やコレステロール・ブドウ糖が多くなると血液がドロドロになり、詰まりやすくなります。コレステロールが増える事で血栓が出来て、脳梗塞になったりブドウ糖が多くなると糖尿症になりやすくなります。血液サラサラだと何故良いのかというと、冷え性や疲れを解消しやすくなり、また見た目年齢も若返るのです。一度血液がドロドロになると血液サラサラに戻す事は難しいのです。日頃からの予防が大切です。血液サラサラに擦る事が期待できる人気の食品をいくつか紹介していきたいと思います。

ドロドロを予防する食品

ドロドロになる事を予防する事が一番ですが、食生活で正常に戻す事は可能なのです。一番の人気は魚です。DHA・EPAという成分が含まれており、血液サラサラにする効果が高いのです。DHAはコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり血管の壁が柔らかくなり、血液が流れやすくなります。EPAには血小板が固まる事を抑制する働きがあり、血栓による心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ事ができます。血液サラサラにする野菜で一番人気は玉ねぎです。玉ねぎにはアイリンという成分が含まれ、加熱するとアリシンという成分に変わります。アリシンには血小板が固まる事を抑制する効果があり、コレステロール値や血糖値を下げる事も出来ます。またケルセチンという成分も含まれ、ケルセチンの効果で活性酵素を除去する事で血管や赤血球を若返らせることもできます。